感情の全ては愛情に関係している


以前は私も自分を愛せなかったし、いつも責めて蔑んでた。

自分の心の中を探した時に見つかったものは

空洞。

自分を愛せない、自分に愛されない究極の寂しさ。

私の中にとても恐いおばさんがいた。

いつも私をネチネチ責める意地悪なおばさん。

そのおばさんから隠れるように生きていた。

そっと見つからないように。

このおばさんに愛されていないのが私の中の空洞を作っていて

勿論このおばさんは私自身なんだけど

なんで、こんなにこの人は私を責めるのだろう?

毎日毎日考えて、感情を感じてみては又考えて

ふと気が付いたのは

あ、これも又愛情なんだ!

このおばさんは、責めると私がやる事を知っている。

その頃の私の何かをする動機は


怒られたくないから!なめられたくないから!

生活のために仕方がないからバイトして

嫌々家事をして

内心は不平不満が一杯で

損得勘定ばかり考えていて

そんな人間を動かすのは怒るしかないでしょ!

それが嫌なら自発的に動きなさい。

おばさんが又怒ってる。


仕方がない!自発的に動くにはどうすれば良いだろう?

ポジティブに!モチベーションを上げるにはどうすればいい?

それが音楽を使ってモチベーションを上げる方法

サクセスストーリーメソッドなのです^^


ところで、どの感情も

例えば、寂しさも悲しさも愛情があるから感じるんだよね。

愛している人に愛されていないように感じたり

思うように気持ちが伝わらなかったら、寂しかったり悲しかったりする。

恐怖は自分を守る為。

嫉妬はもちろん羨ましいから

羨ましいのは自分も欲しいから。

憎しみや恨みも、愛情を裏切られたと感じた時に発する。

どれもきっと愛情が絡んでる。


私の中のおばさんは上手に愛情表現出来なかった私の偶像。

私自身が変わったら、いつの間にか恐いおばさんから

松岡修造みたいなおばさんになってる(^^ゞ




0コメント

  • 1000 / 1000