好きなふりを止める


子供の頃にちゃんと自我を確立する事が出来なかった人は

大人の年齢に達したからって自立出来る訳じゃ無く・・・


自立って、経済的にどうこうじゃなくって

自分と相手の境界がちゃんとあって

自分と他人の見分けがつく事。

そう聞くと、当たり前じゃんって思うだろうけど

私はこれが出来てなかったんだ。

これが依存だって、今は知ってるけど

当時は全く気が付かなかった。


自我が出来ていないと相手との境界線があやふやで

相手の感情と自分の感情が混ざってしまうような感覚を持ったり

何気ない人の言葉で深く傷ついたり

人の顔色を見て自分を変える事が当たり前だったり

相手の好きなものを自分も好きだと勘違いしてしまう。


まずはその事に気が付く事。

私は私なんだ。

私が本当に好きなものは何なんだろう?

本当はどれが嫌いなんだろう?

まずは好きなふりを止めよう。


「ゴメン、私、野球も車も興味なかった。パパに合わせてただけだった。

もう、好きなふり止めるわ。」


そんな事から一つずつ始まった

私のサクセスストーリー。

0コメント

  • 1000 / 1000